Euromobil / Zalf / desiree

Kitchen・Kitchen・Kitchen

トピックス

2017.12.11
イタリア研修 désirée工場見学その1

前回までの記事はこちら

※第1回の記事はこちら

※第2回の記事はこちら

※第3回の記事はこちら

 

 

désiréeの工場ではまずファブリックの張地の裁断を見学しました。

布地メーカーでも品質をチェックしていますが、裁断前にdésiréeでも機械で再確認します。

 

 

s20170907_010

 

 

s20170907_007

 

 

 

問題がなければ裁断機に生地のロールが進み、レーザーで一瞬でカットされます。

 

 

s20170907_023

 

 

 

ポイントは裁断時に布をピンと張るために、下から空気を吸って真空にしているところです。

布もシートもピタッと吸い付いていますよね。

 

 

s20170907_020

 

 

こうしてファブリックはカットされ必要なパーツがトレーに集められて縫製に進みます。

縫製のスタッフは全員女性でした。

 

 

s20170907_028

 

 

 

次にレザーの裁断です。

レザーの品質は経験を持ったスタッフが確認します。

私達が訪問したときはマリーナさんが担当していました。

 

 

s20170907_032

 

 

傷等に印をつけておきます。

 

 

s20170907_045

 

 

傷の印を避けて、裁断するパーツの枠をマリーナさんがササっと並べていきます。

 

 

s20170907_077

 

 

こちらも真空にしながらレザーでカットします。

 

 

s20170907_082

 

 

s20170907_084

 

 

そして、「今かっとしたのはEGOというアームチェアよ」とカタログを開いてくれるマリーナさん。

ありがとうございます。

 

 

s20170907_073

 

 

 

このように、désiréeは機械と人が分担して製品づくりをしています。

今回は目に見える張地の部分でしたが、次は品質の要であるストラクチャーをご紹介します。

 

 

 

 

TB

 

東京ショールーム

東京都渋谷区代々木3-36-8-105

大阪ショールーム

大阪府大阪市中央区南本町2-2-2 5F

名古屋ショールーム

愛知県名古屋市中村区岩塚本通5-28

© 2018 Euromobil JAPAN