Euromobil / Zalf / desiree

Kitchen・Kitchen・Kitchen

トピックス

2017.10.03
Miele EcoFlexシリーズ 新食器洗い機 体験説明会 レポート

先日、Miele(ミーレ)社で行われた EcoFlex(エコフレックス)シリーズ 新食器洗い機体験説明会に参加してきました。

新製品情報もさることながら、食器洗い機の市場についてなど、とても興味深いお話が盛り沢山だったので、

レポートとしてお伝え致します。

 

まずは食洗機の普及率、市場について、

キッチンプランでビルトイン食器洗い機をご提案することが圧倒的に多いように思うのですが、

一体どのくらい普及しているのか、国内外問わず普及率についてお教えいただきました。

 

■食洗機 普及率

世界各国の普及率について

アメリカ − 78%、ドイツ − 77%

フランス、スペイン − 52%

日本 − 25%

アジアの普及率は低く、インドネシア、シンガポールなどの多い国でも40%程度とのことでした。

日本は、25%と先進国の中でも普及率が低いですね。

 

では、続いて日本の都道府県別の普及率(消費実態調査)について

1位、福井県39.7%

なんと、トップ10は福井県以外は全て西日本で、新しいものに対する抵抗が少ないという地域の特性が伺えます。

逆に普及率が低いのが東北地方で、東京も 20% 意外と低いという結果でした。

 

■食器洗い機の市場

国産メーカーのシェア

1位、パナソニック − 61%

2位、リンナイ − 27%

 

輸入メーカーのシェア(貿易統計を分析)

1位、Miele − 62%

2位、GAGGENAU − 17%

3位、AEG − 10%

Mieleは、海外製品の食器洗い機のシェアの中で1位を誇っています。

 

ビルトイン食器洗い機(全体)販売構成比

45センチ− 75%

60センチ − 25%

 

Mieleの販売構成比

45センチ − 40%

60センチ − 60%

食器洗い機全体では、45センチを選ばれる方が圧倒的に多いですが、海外では、食器洗い機のサイズは60センチが主流であることもあり、

Mieleのショールームに来られるお客様も45センチで検討させていた方が、実物を見て最終的に60センチを購入する方も多いそうです。

 

■食器洗い機を購入される方、された方のアンケート調査

Q.食器洗い機を購入する際に重視する点は?

1位、洗浄力 − 51%

2位、価格 − 50%

3位、サイズ − 45%

 

Q.食器洗い機の使用に満足していますか?(全体)

満足 − 43.3%

やや満足 − 41.5%

約85%という大多数の方が満足されていてます。

その内、Mieleのユーザーの使用満足度は、68.4% と高い満足度を得ています。

 

Q.使用してみた感想は?

A.便利だと思う

輸入ビルトイン − 67%

国産ビルトイン − 58%

 

A.家事の分担がうまくいっていると思う

輸入ビルトイン − 39.8%

国産ビルトイン − 29.8%

 

A.夫婦仲が良いと思う

輸入ビルトイン − 68.9%

国産ビルトイン − 52.3%

 

購入後、どのような生活の変化があったかというアンケートでは、

家事の負担が減った、自由な時間が増えた、ストレスが減った、更には夫婦喧嘩が減った等の声もあったそうです。

まさに、Mieleの想いでもある、”幸せをもたらす家電” ですね!

 

市場のトレンドキーワードとして、

共働き、女性の活躍、時短等が挙げられており、家事の負担の軽減として、購入されるお客様が増えているのも納得です。

 

 

では、続いて本題のMieleの食器洗い機について、ご紹介させていただきます。

■Mieleの食器洗い機の特徴

1、洗浄力

スプレーアームが長く、洗浄力を高めています。

スプレーアームは、庫内に3本装備されており、隅々まで洗浄することができるそうです。

また、純正の洗剤を使用することで、更に相乗効果が期待できます。

 

2、大容量

45センチ− 7人分

60センチ − 14人分

中段の高さを一番上にしたとき、下段に最大で直径30センチのお皿が入ります。

 

3、エコロジー

手洗いとMiele食器洗い機の比較

手洗い(一回当たり)

水 − 149L(流しっぱなし)

お金 − 37.7円

1年 − 13.761円

20年 − 275,220円

 

Miele食器洗い機(一回当たり)

水 − 10L

お金 − 2.49円

1年 − 909円

20年 − 18,180円

特に驚いたのは、食器洗い機を使用すると水量が手洗いの1/15でで済むという点。

手洗いの場合、つい流しっぱなしで洗ってしまいますが、こんなにも差が生じてしまうとは驚きです。

 

■EcoFlexシリーズ について、以前から変化した点を3つに大きくまとめてみました。

1.クイックパワーウォッシュ のパワーアップ(ウルトラタブマルチの誕生)

2.G4720を除いた全機種にオートオープンの機能が搭載

3.バスケットのデザイン

 

1.クイックパワーウォッシュ

これまでは、40℃のお湯で50分間のプログラムでしたが、65℃のお湯で58分のプログラムに変更になりました。

時間は少し長くなりましたが、温度が高くなり、洗浄力が高くなっています。

O-157の殺菌について、65℃の温度で3分間以上加熱すれば死滅するというデータもあり、衛生面でも安心ができます。

 

クイックパワーウォッシュの変更に伴い、洗剤タブレット の”ウルトラタブマルチ”が誕生しました。

低温でもすぐとけるので、クイックパワーウォッシュのプログラムでも理想的な洗い上がりになります。

他メーカー(フィニッシュ等)の洗剤を使用しても支障はないのですが、洗い上りが良さで推奨をされているとのことでした。

miele20170707_2

 

 

2.G4720を除いた全機種にオートオープンの機能が搭載

Mieleの食器洗い機の特徴の一つでもあるオートオープンの機能。

(プログラム終了後、自動でドアが開き、食器の乾燥が促進される機能です。)

G4720の1機種を除いて、搭載されるようになったのは嬉しいですね。

20000102168-000-00_20000102168

 

 

3.バスケットのデザイン

・フレックスアシスト

洗い物に合わせて調整できるオレンジ色のサインで表示されるようになりました。

一目でわかりやすいデザインです。

20000126652-000-00_20000126652

 

 

・3Dカトラリートレー+

3Dカトラリートレーの中央部に可倒式のオレンジ色の仕切りが追加になりました。

ナイフなどを立てることが可能です。

20000126647-000-00_20000126647

 

 

・フレックスケアグラスホルダー

シリコンパッドでグラスを保持し、洗浄中の破損を防いでくれます。

繊細なグラスでも安心して、食器洗い機に任せることができます。

miele-ecoflex-dishwasher-6

 

 

ご紹介した機能のほかにも、機種によっては庫内にLEDライトが搭載されていたり、

ミーレ・センターで実物が拝見できるので、気になる方は是非チェックしてみてください。

 

以上、とても長い記事にお付き合いいただきありがとうございました。

食器洗い機の購入を悩まれている方々に、少しでもお役に立てていれば幸いです。

 

 

HM

本社

〒583-0014
大阪府藤井寺市野中3-8-8

大阪営業所・大阪ショールーム

〒541-0054
大阪府大阪市中央区南本町2-2-2明治屋ビル5F

東京営業所・東京ショールーム

〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-36-8東高代々木ペアシティ105

COPYRIGHT © FUJIYA CO.,LTD